So-net無料ブログ作成
検索選択

見習い。vol.2 [Part Timer]

おばちゃんたちに教えられ、おだてられ、しゃべくった1週間が、無事に終わった。
入社して10数年の彼女たちと、入社して10日ほどのLyonとは、当たり前だがまったく要領が違う。
流れ作業の中で、空きが出ればすぐ穴を埋める、機敏さ。柔軟さ。
あー、かなわん。と思った。
「先週のNさんの作業みたいに静かにやるのと、全然違うでしょ?」
「こうして色んな話をしながらやるのもいいよね!」
確かにね。
今回の作業は、人数的には、Lyonが入ればかなり楽になるのかなあ、と思われた。
でも今までこれで何年かやってきてるのだから、Lyonがいなくても回ってくんだろう、
とも思える。
おばちゃんの話しぶりでは、Lyonに入ってもらいたいのかも、と思える言葉も聞かれた。
まあ、明日からの第3の作業次第だが、今のところLyonは、静かに黙々とノルマをこなす、
Nさんの仕事がいいなあ。
そう、明日からは工場長の下で修業なのだ。
これまで雑談はしているが、仕事となると一人で、これまた黙々とこなしているので、
ちょっと緊張する。
迷惑をかけることは承知の上だが、頑張って身に付けようと思う。

そうそう、おばちゃんたちにどやしつけられてるOさんが近くにいて、どやしつけられてる理由が
何となくわかった。
要領が悪いのだ。
数年はあのポジションにいて作業してきてるはずなのに、次に何をやるか、それを、
わかってるのにうまく行動に結びつけていない。
おばちゃんたちにも、さんざん、
「もうさ、次に何やるかわかってんだからさ、ちゃんとやってよね!」
的な言葉を浴びせられてるが、当の本人は、「はい」とは返事するものの、
感情が見えないし、わかってんのかわかってないのか。
もう一人の男子、Uさんが、
「Oさんのこと、何がよくないか、わかった?」
と聞いてきたので、「要領が…」と。
彼は年寄りのように感じる、とUさん。聞けば39歳とのこと。
「要領もだけど、生き方がよくないと思うんだよね」
何だか哲学的な感じになってきたなあ。
まあ、育ちってのはその人の性質を形作るのに非常に影響を及ぼす、というのはわかる。
しかし39歳、しかも何年もこの状態が続いてるんではなあ。
と思う。

とにかく、見習いのLyonは自分のことを考えるだけなのだ。


今日の1曲。
Robert de Boron / chiru


毎日のように聴いてます、ボロンさん。


nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 12

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。